トライオートFXブログ

FXで失敗した人は、もう他にいませんか? FXは稼げないと、諦めているあなたへ。
このブログを読めば初心者でも、1日目から勝ち続けた理由がわかります。 現状に満足していないあなたも、
もし実践できるなら1日5万円は稼げるでしょう。 勝ちたいあなたは、このチャンスを素通りできますか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

-150万円の損切ですが、後悔していません!!

みなさん、こんにちは!

まゆです。


先週は、たまたま強運で1200万円の強制ロスカットを免れた話をしました。

詳しくは、こちらの記事『これぞ僥倖!!! 1200万円を強制ロスカットされた!?』をご覧ください。
 

今回は、その続きになります。


ロスカット判定時


画像でも分かるように、ロスカット判定時、発注可能額が-300万円を超えています。

ロスカットを免れてもこの額がマイナスですと、追証(追加証拠金)が必要です。

ですが、急落のタイミングから反発に向かいつつあります。


1月3日13時の状況


5時間後の3日の13時過ぎには、


評価損益が-1248万-1067万

発注可能額が-336万-154万

有効比率が47.11%⇒から
75.56%

まで、良くなりました。


実際、追証になる際の判定のタイミングは、翌朝の6時40分です。

その時間までに、発注可能額がプラスになれば大丈夫です。

その後、今回のようにマイナスになってしまっても、判定時のみクリアしていれば問題ないのですが。


1月4日5時の状況


翌朝の4日の5時過ぎ、追証判定の1時間前の状況です。

前日のお昼の状況よりは良くなっていますが、まだ50万マイナスですね。


評価損益が-969万、発注可能額が-56万、有効比率が91.11%


仮にこの状況で、追証と判定されても、お金を入金すれば問題ないです。

ゆとりもあって、翌深夜2時までに不足分の約56万円を入金すれば間に合います。

逆に、入金額が1円でも不足していたら、全ての建玉を強制ロスカットされてしまいます。



正直悩みました。



時間があるので、56万位ならカードローンですぐ借りて入金することは可能です。

しかし、リスクは減りません。

場合によっては、-1200万よりもっと大きな損失になる可能性もあります。


自分なりの予想では、ここまで下がることはないとは思っていても、定かではありません。

折角幸運で助かったこの1200万、もう二度と同じ目には遭わせたくないです。

なので今回は、大事を取ってもう一つの方法にしました。



それは、発注可能額がプラスになるまで損切をすること。



この時点でのポジションは、705件ほどありました。

どのくらい損切れば良いのかは、正直分かりませんが、まぐれで得したお金と思えば踏ん切りも付きます。

ただ、どれを損切しようかとは迷いましたが。



結局、以下のルールにしました。

1.損益がプラスのポジション

2.スワップの含み益が含み損をカバーできているポジション

3.新規注文の時期が古いポジション



1と2の件数は少なかったので、ほとんどが3でした。

2018年以前のポジションまで100件以上、決済し終わってもまだ足りなく、最終的には2018年2月くらいまで決済しました。


1月4日6時の状況


損切前と比較すると、

評価損益が-969万-816万

発注可能額が-56万6万

有効比率が91.11%
101.10%


1月4日 約定照会



額にして、-1,553,685円


件数は、167件





今の私の懐事情からすると150万円は大金です。

決して辛くはないといえば嘘になります。

しかし、考え方を変えればどうでしょう。


そうまぐれは何度も起きないと思いますし、こうしなければ次は1200万円を失うかもしれません。

もし150万円を払えば1200万円を失わなくて済むと。

極論ですが、リスクはかなり軽減されます。


だから、今回は追証を待たずに、損切を選びました


数日後、相場が回復したら、この選択が間違いかもしれませんが、タラレバを言ったらキリがありません。

そもそも、こういう事態を招いた時点で、リスク管理が杜撰だったわけなので。


いわゆる悪い例ですね。


つまり、みなさんには反面教師として、見てもらいたいです。


少なくとも私の手法を参考にしている方がいらっしゃれば、十二分に気を付けてください。

私も、情報を公開している以上、今一度考えを改めようと思います。



今回は、小手川さんを含め大きな損失になってしまった方々は、本当にお気の毒でした。

そのことを忘れずに、明日は我が身と胸に刻みます。

これからは慢心せずに、投資のリスクを改めて肝に銘じる所存です。


最後に既に実行している方には、あまり参考にならず、申し訳ありませんでした。



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


関連記事

| トライオートFX | 13:52 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://triautofxchamp.blog.fc2.com/tb.php/384-24f57834

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT