トライオートFXブログ

FXで失敗した人は、もう他にいませんか? FXは稼げないと、諦めているあなたへ。
このブログを読めば初心者でも、1日目から勝ち続けた理由がわかります。 現状に満足していないあなたも、
もし実践できるなら1日5万円は稼げるでしょう。 勝ちたいあなたは、このチャンスを素通りできますか?

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

利益を抑えるなんてバカなの!?

みなさん、こんにちは!

まゆです。



なんと利益を抑えるバカな手法を考えて、実行しようとしています。

しかし、当人はバカではありませんwww

この手法は、斬新かつ正鵠を射たアイデアではないでしょうか。


改めまして今回は、新手法の続編になります。

先週の記事の続きになりますので、未読の方は先に見て頂けると分かりやすいと思います。


詳しくは、こちらの記事【あなたは強制ロスカットを回避するための、最適な証拠金額を知っていますか!?】をご覧ください。



まずは新手法ですが、フラッシュクラッシュ等の金融危機が訪れても、強制ロスカットをされないようにするためには。


強制ロスカットを回避するための手法は3つあります。




1.含み損を抑える



2.必要証拠金を抑える



3.月収に上限を設ける



2番目の【必要証拠金を抑える】は、前回説明しましたが、再度おさらいします。


私の考えた公式がこちら


(有効証拠金額X0.6-発注証拠金)X(1-含み損の割合)=最適必要証拠金
※含み損の割合とは、評価損益÷証拠金預託額




実際に今朝のデータで計算してみましょう。


2月15日6時の状態


これは、2月15日6時の状態です。

先程の公式に当てはめてみますと(下4桁は切り捨てです)


(有効証拠金額X0.6-発注証拠金)X(1-含み損の割合)=最適必要証拠金

(1011X0.6-3)X(1-441÷1452)=420.27


最適な必要証拠金は約420万円です。

画像では、506万円なので86万円もオ-バーしています。


つまり、ポジションを多く持ちすぎているため、含み損がかなり増えています。

なかなか決済されないので、損切が必要かもしれません。




そして今回は、新手法の3番目、【月収に上限を設ける】を説明します。

簡単に言うと、資金額や含み損に対してどの位の利益が妥当なのかを計算して、上回った分を損切します。

今までの損切をしない手法ですと、運が良ければ利確されますが、悪ければ強制ロスカットをされるか、含み損が膨れ上がった危険な状況で損切しなければなりません。

そうなる前に、細目に損切をしてリスクを抑えた運用を目指します。


損切することで利益が減ってしまうデメリットはありますが、無駄なポジションを減らして証拠金維持率を回復させるメリットの方が重要ですから、惜しくはありません。

それに考え方を変えれば、損切せずに持ち続けている長期ポジションが数ヶ月後に利確されますが、もし損切をしてその証拠金を別の仕掛けに回していたら、その数ヶ月で損切分を補い、前述の利確以上に稼げる可能性もあるわけです。


どっちが得かなんて相場次第ですし、それならリスクが低い方を選ぶのは当然でしょう。

過去に危ない経験もしているので、これからは慎重にいこうと思います。



しかし、いざ上限額を決めるにあたって、いくら位に設定するのが妥当なのか、正直悩みました。


条件は、資金額に合わせて上限も比例して上下すること。

かつ、含み損が大きくなるほど、逆比例で上限が小さくなること。

更に、必要証拠金の変動により上下すること。



上記の条件を満たす公式がこちら


(発注可能額+最適必要証拠金-必要証拠金)÷10=月収の上限額
※最適必要証拠金とは、最初の手法で計算した値


では今朝のデータを当てはめてみますと(下4桁は切り捨てです)


(501+420-506)÷10=41.5


月収の上限額は、約41万円です。

仮に今が月末で、月収が50万円なら41万円を引いた9万円位を損切するという意味になります。

先例がないような斬新な手法ですが、ご理解いただけましたでしょうか。



今月はまだ抱えているポジションが多く、半分以上の仕掛けを停止している状態です。

本調子ではないと、この手法も変わってくるのですが、取りあえずはこの公式で検証しようと思います。

もし、極端に発注可能額が少ないと、上限額がマイナスになってしまいますが、その際は改めて公式を見直す予定です。


このように、月収に上限を設けることで、今まで杜撰だった資金管理を解りやすく、かつ簡単にしてみました。

もし、トライオートFXをやられている方で、参考になった方は是非試してみてください。

よろしければ、感想などを頂けると嬉しいです。



長くなりましたので、1番目の手法の【含み損を抑える】については、また次回以降に記事にする予定です。



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 運用手法について | 11:49 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週間報告 2月4日~2月9日

みなさん、こんばんは!

まゆです。


前回から、トライオートFXの含み損等の詳細を載せていますが、お気付きでしょうか。

ご覧になられて、参考にしたいという方はいらっしゃいますでしょうか?


今までは、約定照会の1ページ目の画像だけを載せていました。

ネット上に残るので、総資金額や含み損額が知られてしまうと良くないかなと思っていたのですが。

以前に小手川征也の動画でご紹介された際、コメントで疑っている方もいたようなので、公開することにしました。

詳しくはこちらの記事【驚嘆!!! まさか小手川征也さんに紹介されるなんて!】をご覧ください。



そうすることで、自分自身が下手なトレードができなくなり、恥をかかないようにレベルアップにも繋がればいいかなと思った次第です。

元々、含み損が大きい通貨ペア(下記の画像)は、約定照会の画像と一緒に毎回保存していたこともあって。

包み隠さず公開することで、少しでもみなさんの参考になれば幸いです。




2月9日(土)の6時の状況が・・・

2月9日6時の状況


評価損益:-447万円(30.99%)

有効証拠金額:997万円(199.24%)

必要証拠金:500万円




含み損が3割を超えてしまいました。

そのせいで証拠金維持率(有効比率)も、200%を下回っています。

この2つはマイルールとして、維持するようにしていたのですが、若干足りないです。


まだポジションが多いので円高になるとキビシイですね。

今月の利益が確保できれば、損切をする予定でしたが、このままでは目標まで届かないと思います。

また、損切のルール(新しい手法)は、近いうちに記事にするので割愛します。





そして先週2月4日(月)の成績はこちら・・・


2月4日 日報


為替差損益:800円

スワップ損益:353円

決済回数2回 勝率100%





そして先週2月5日(火)の成績はこちら・・・


2月5日 日報


為替差損益:33,659円

スワップ損益:913円

決済回数3回 勝率100%





そして先週2月6日(水)の成績はこちら・・・


2月6日 日報


為替差損益:9,207円

スワップ損益:51円

決済回数6回 勝率100%





そして先週2月7日(木)の成績はこちら・・・


2月7日 日報


為替差損益:43,537円

スワップ損益:497円

決済回数8回 勝率100%





そして先週2月8日(金)の成績はこちら・・・


2月8日 日報


為替差損益:5,400円

スワップ損益:123円

決済回数2回 勝率100%





そして先週2月4日(月)~2月9日(土)の週間成績


2/4~2/9 週間約定照会


為替差損益:92,203円

スワップ損益:1,794円

決済回数20回 勝率100%



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 日報・週報 | 17:56 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなたは強制ロスカットを回避するための、最適な証拠金額を知っていますか!?

みなさん、こんにちは!

まゆです。


先月の初めにフラッシュクラッシュがありましたが、みなさんは如何でしたか?

ネットで調べたら、大損された方もいらっしゃったようですが。

私も1200万円強制ロスカットされるはずでしたが、システムエラーで偶然にも助かりました。


そんなまぐれも、二度と起きないでしょうから、回避できる対策を考えました。

今回は、過去2回の続きになりますので、未読の方は先に見て頂けると分かりやすいと思います。



1回目は、こちらの記事【フラッシュクラッシュの反省!】をご覧ください。

2回目は、こちらの記事【フラッシュクラッシュを回避するための手法!!!】をご覧ください。




まずは、前回のおさらいをしますと、フラッシュクラッシュ等の金融危機に耐えるためには、

言い換えると強制ロスカットをされないようにするには、幾つか方法があります。


しかし、リスクを極端に抑えると利益も激減します。

だから取り敢えずは、最低限の手法に絞りました。




強制ロスカットを回避するための手法は3つあります。




1.含み損を抑える



2.必要証拠金を抑える



3.月収に上限を設ける



1番目は飛ばして、2番目の【必要証拠金を抑える】ためには、適正値を知る必要があります。

今までは、総資金額や有効比率などから適当に考えていたのですが、それでは不十分だと気付きました。

それなら、幾らぐらいが最適なのか。


資金や含み損に対して変動するように、かつ含み損の額ではなく、割合で増減すること。

更に、含み損が増えれば、必要証拠金額が減るような逆比例であること。




上記の条件を満たす公式がこちら


(有効証拠金額X0.6-発注証拠金)X(1-含み損の割合)=最適必要証拠金
※含み損の割合とは、評価損益÷証拠金預託額




実際に画像の数値を当てはめてみましょう。


12月4日7時の状況


これは、フラッシュクラッシュの丁度1ヶ月前、12月4日7時の状態です。

含み損の割合が18.80%ですし、有効比率も253.29%と調子が良さげに見えます。

しかし、この状態から仕掛けを新たに増やしていないのに、含み損が-1200万円まで増えてしまいます。


今回、私が考えた公式に当てはめてみますと(下4桁は切り捨てです)


(有効証拠金額X0.6-発注証拠金)X(1-含み損の割合)=最適必要証拠金

(1162X0.6-407)X(1-269÷1431)=235.64


最適な必要証拠金は約235万円です。

画像では、458万円なので223万円もオ-バーしています。


しかし、このケースは必要証拠金が多いわけではなく、発注証拠金が多すぎました。


発注証拠金とは:新規注文が約定した場合の同一通貨ペアの必要証拠金額を比較し、現在の必要証拠金額を超過する差額分が発注証拠金額になります。


つまり両建てにしていますが、ポジションが偏りすぎています。

マイナススワップを嫌って、円建ての通貨ペアの買いポジションが多すぎました。

最適必要証拠金を求める公式では、両建てに偏りあっても大きく影響します。


私の新しい手法の3点には入れてませんが、発注証拠金を有効証拠金額の1割までと決めました。


もし、発注証拠金が1割の116万円だった場合、

(有効証拠金額X0.6-発注証拠金)X(1-含み損の割合)=最適必要証拠金

(1162X0.6-116)X(1-269÷1431)=471.94


最適な必要証拠金は約471万円です。

画像では、458万円なので13万円ほどゆとりがあります。


ちなみに有効証拠金額に0.6を掛けているのは、発注可能額を含み損を除いた資金(有効証拠金額)の4割ぐらいは残したいと思ったからです。


このように、最適な必要証拠金を把握することで、今まで杜撰だった資金管理を解りやすく、かつ簡単にしてみました。


もし、トライオートFXをやられている方で、参考になった方は是非試してみてください。

よろしければ、感想などを頂けると嬉しいです。



長くなりましたので、3番目の手法の【月収に上限を設ける】については、また次回以降に記事にする予定です。



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 運用手法について | 14:47 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週間報告 1月28日~2月2日

みなさん、こんにちは!

まゆです。


先週は、月も変わり2月になりました。

先月を振り返ると、フラッシュクラッシュがあったり、150万円を損切したりと、かなり荒れた月でした。


一番下に、1月の月間収益も載せていますが、5ヶ月ぶりの赤字です。

苦渋の選択でしたが、間違っていなかったと思いたいですね。

詳しくはこちらの記事【-150万円の損切ですが、後悔していません!!】をご覧ください。



週末には米雇用統計があり、結果がよくドル高になりました。

おかげで、トライオートFXの含み損が少し回復されたようです。



2月2日(土)の6時の状況が・・・

2月2日6時の状況


評価損益:-359万円(25.06%)

有効証拠金額:1,073万円(222.21%)

必要証拠金:482万円





まだ、必要証拠金は多く残っていますが、評価損益は2割台をキープしています。

そのため、ほとんどの仕掛けは停止中ですが、この必要証拠金が減るまでは様子を見ようと思います。


今、含み損の割合に対して、適正の必要証拠金を検証中なので、終わり次第記事にする予定です。

詳しい計算式は、もうしばらくお待ちください。





そして先週1月28日(月)の成績はこちら・・・


1月28日 日報


為替差損益:45,136円

スワップ損益:-12,682円

決済回数7回 勝率100%





そして先週1月29日(火)の成績はこちら・・・


1月29日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月30日(水)の成績はこちら・・・


1月30日 日報


為替差損益:11,731円

スワップ損益:49円

決済回数3回 勝率100%





そして先週1月31日(木)の成績はこちら・・・


1月31日 日報


為替差損益:5,400円

スワップ損益:33円

決済回数2回 勝率100%





そして先週2月1日(金)の成績はこちら・・・


2月1日 日報


為替差損益:6,861円

スワップ損益:427円

決済回数5回 勝率100%





そして先週1月28日(月)~2月2日(土)の週間成績


1/28~2/2 週間約定照会


為替差損益:24,392円

スワップ損益:652円

決済回数11回 勝率100%





そして先月1月の月間成績


2019年1月 月間約定照会


為替差損益:-1,188,627円

スワップ損益:217,593円

決済回数269回 勝率37.17%



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 日報・週報 | 16:52 | コメントする:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラッシュクラッシュを回避するための手法!!!

みなさん、こんにちは!

まゆです。


月初にあったフラッシュクラッシュを、システムエラーで偶然にも、強制ロスカットを免れたわけですが。

そのまぐれも、二度とないものと思い対策を考えました。


今回は、先々週の反省記事の続きになります。

詳しくは、こちらの記事【フラッシュクラッシュの反省!】をご覧ください。



まずは、元々の私の手法を説明しますと、色々と考えはありましたが、ザックリまとめますと。


1.損切はしない


トライオートFXの損切を設定していないので、利確されるまでポジションを持ち続けます。

決済まで早ければ当日ですが、遅ければ1年以上掛かります。


2.有効比率を200%以上に保つ


200%を超えていたら、大丈夫だと安心していました。

更に優に超えている場合、仕掛けを増やして、月収100万円を狙っていました。


3.マイナススワップは避ける


ポジションを長期間に渡って保有することもあるので、スワップ損の大きい通貨はなるべく取引しないようにしていました。

持つにしてもレンジの上の方だけにしたり、少額にしたり、利確幅を大きくしていました。



今振り返れば、何という無謀な手法をしていたんでしょうか。

まぐれで勝ち続けたことを、自分は才能があると錯覚しているようなものですね。


末恐ろしいというか、お恥ずかしいかぎりです。

しかし、大負けする前に気付けたのは幸いだと思います。

これから、悔い改めれば良いんですから。




過去の私は、仕事で同じミスを繰り返したことがあります。

当時の私は、まだ若くて未熟でした。

今思えば、なんで改善できなかったのか疑問です。




その点、今回のロスカットの危機は、良い経験になりました。

大きなミスになることもなく、間違いに気付かされたわけですから、感謝するべきですね。


もしも危ない思いをせず、このままの手法を続けていたら、数年後にもっと大金をロスカットされていたかもしれません。

想像しただけでもぞっとしますね。



だから今回の教訓のおかげで、反省することができて、改善策となる手法も考えつきました。




強制ロスカットを回避するための手法は3つあります。




1.含み損を抑える



当たり前のことですが、出来ていなかった訳ですから、資金管理が杜撰でした。

そして、方法はこまめに損切して、ポジションを増やしすぎないようにすれば良いのですが、具体的には下記の2つです。




2.必要証拠金を抑える



ポジションを持てば持つほど、この数値が高くなるのですが、それに逆比例して有効比率が低くなります。

当然、ロスカットされやすくなるわけですから、この数値を抑えなければなりません。

だからといってポジションを持たなければ、利益もでないので適正にするのが好ましいです。


ただ単純に有効比率を維持するだけでは、含み損の額に影響してしまいます。

額ではなく、含み損の割合に対して、幾らぐらいが適正なのか。

更に、含み損が大きくなるにつれて、必要証拠金の額が小さくなるようにしました。




3.月収に上限を設ける



もしかしたら、『は!?』と疑問に思う方もいるでしょう。

稼げるうちに稼いだ方が良いのは当然です。

私も、増えれば増えるほど嬉しいし、月に100万円くらいを目標にしていました。

しかし、それでは多すぎると気付きましたし、いつか失敗してしまうかもしれません。

そこで上限を設定し、それ以上の利益分を損切することにしました。


ポジションが増えすぎの時は、上限を低くして多く損切するように。

逆に、ポジションが少ない時は、上限を高くして損切をしないようにしました。




上記の3つ以外にも幾つかマイルールを決めましたが、取り敢えずはこの3本柱を軸に運用しようと思います。


自分なりの予想では、これでリスクを抑えた資金管理ができるはずです。

というか、今までやっていなかったのが、間違いなんですが。


具体的な計算式は、検証が終わりましたら記事にする予定です。



もし、みなさんの中で、もっと良い方法を実践している方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 運用手法について | 13:28 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週間報告 1月21日~1月26日

みなさん、こんばんは!

まゆです。


先週は、トライオートFXの仕掛けを再稼働しました。

月初のフラッシュクラッシュ以来、すべての仕掛けを停止していましたが、3週間様子を見てからの再開です。


稼働のタイミングは、また危険な思いをしないよう、リスクを抑えたマイルールを決めていました。


そのルールがザックリですが、3つあります。



1.評価損益を3割以下


2.有効比率を200%以上


3.必要証拠金を500万円以下




フラッシュクラッシュの翌日に、150万円を損切して、そのまた翌日。



1月5日(土)の5時の状況が・・・

1月5日5時の状況


評価損益:45.09%

有効比率:135.57%

必要証拠金:563万円





そして3週間後の1月26日(土)7時の状況が・・・


1月26日7時の状況


評価損益:45.09%⇒26.65%

有効比率:135.57%⇒217.99%

必要証拠金:563万円⇒480万円




画像で分かるように、無事回復しました。

事前に決めていたマイルールも3つともクリアしたので、一部の仕掛けを稼働させています。


もしも、フラッシュクラッシュなどの金融危機が再度訪れたら、次はまぐれでは助からないでしょう。

同じ失敗を繰り返さない様に、資金管理を見直そうと思います。



具体的には、別の記事でまとめる予定です。

詳しくは、こちらの記事【フラッシュクラッシュの反省!】をご覧ください。





そして先週1月21日(月)の成績はこちら・・・


1月21日 日報


為替差損益:1,281円

スワップ損益:319円

決済回数3回 勝率100%





そして先週1月22日(火)の成績はこちら・・・


1月22日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月23日(水)の成績はこちら・・・


1月23日 日報


為替差損益:46,653円

スワップ損益:-7,916円

決済回数10回 勝率100%





そして先週1月24日(木)の成績はこちら・・・


1月24日 日報


為替差損益:14,966円

スワップ損益:1,519円

決済回数2回 勝率100%





そして先週1月25日(金)の成績はこちら・・・


1月25日 日報


為替差損益:63,211円

スワップ損益:-3,300円

決済回数7回 勝率100%





そして先週1月21日(月)~1月26日(土)の週間成績


1/21~1/26 週間約定照会


為替差損益:170,847円

スワップ損益:-22,142円

決済回数28回 勝率100%



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 日報・週報 | 18:00 | コメントする:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週間報告 1月14日~1月19日

みなさん、こんにちは!

まゆです。


トライオートFXですが、1月3日のフラッシュクラッシュ以来、すべての仕掛けを停止しています。

先週も先々週と同様に、抱えてるポジションが決済されただけです。

偶然なのか、必然なのか、2週連続火曜日と金曜日のみ動きました。

テクニカルで分析していれば、理由があるのかもしれません。

生憎そんな知識はないので、上手く利用できませんが。


先週までは、相場が上がりつつあるので、有効比率も175%ぐらいまで回復しました。

今週、更に良くなれば、そろそろ仕掛けを稼働させようかと思います。

まずは、含み損が多い通貨ペアの逆方向の仕掛けなどから考えています。
(例えばポンド/円の買いポジションの含み損が多いので、反対の売りとか)


取りあえず、今週の状況しだいでしょうか。

損益が0円ばかりでは、あまり参考にならないかもしれません。

しかし、これからはリスクを抑えて慎重にいく予定なので、ご了承いただければ幸いです。





そして先週1月14日(月)の成績はこちら・・・


1月14日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月15日(火)の成績はこちら・・・


1月15日 日報


為替差損益:25,440円

スワップ損益:-2,803円

決済回数3回 勝率100%





そして先週1月16日(水)の成績はこちら・・・


1月16日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月17日(木)の成績はこちら・・・


1月17日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月18日(金)の成績はこちら・・・


1月18日 日報


為替差損益:27,969円

スワップ損益:2,365円

決済回数9回 勝率100%





そして先週1月14日(月)~1月19日(土)の週間成績


1/14~1/19 週間約定照会


為替差損益:53,809円

スワップ損益:-356円

決済回数13回 勝率100%



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 日報・週報 | 10:52 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラッシュクラッシュの反省!

みなさん、こんにちは!

まゆです。


私が運用しているインヴァスト証券さんのトライオートFXですが、いまだにすべての仕掛けを停止しています。

先々週の1月3日にあったフラッシュクラッシュの際は、奇跡的に強制ロスカットを免れました。

しかし、大事を取って翌日には-150万円の損切をして、追証を回避させています。



ロスカットは、こちらの記事【これぞ僥倖!!! 1200万円を強制ロスカットされた!?】をご覧ください。


損切は、こちらの記事【-150万円の損切ですが、後悔していません!!】をご覧ください。 




今回は、再度同じミスをしない様に反省したいと思います。

まず、有効比率が50%を下回ってしまった原因ですが、ザックリ考えて4つあります。



1つ目が含み損が高額になってしまったこと


これは、今までの私の手法が間違いでした。

基本的には損切をせず、いずれ利確されるのを待つ手法で、これまでは問題ありませんでしたが。

過去にフラッシュクラッシュほどの、急落を経験したことがなかったのが幸いです。

今回の件で、痛いほどリスクを経験できました。



2つ目がポジションを多く持ち過ぎたこと


1つ目と似ていますが、仕掛け自体に問題がありました。

去年の8月に新規制で-700万円を損切してから、最低数量ではなく、10倍の10k(1万通貨)の仕掛けをメインにしていました。

なので、新手法から日が浅く大きく動いて、やっとポジションの持ちすぎに気付いた訳です。



3つ目が資金が少なかったこと


当然、もっと資金を入金していれば、危ない思いをしなかったのですが。

お金が余っている訳でもないので、資金管理が杜撰でしたね。

強制ロスカットされる有効比率を踏まえた、証拠金額や建玉を見直す必要があります。



4つ目がポジションが一方方向に偏りすぎたこと


もし今回のフラッシュクラッシュが、逆方向でしたら私は大勝していました。

損切をしない手法ですと、ポジションを数ヶ月と長期に持ってしまいます。

その為、なるべくマイナススワップは避けていたのですが、その手法が裏目に出てしまったようです。



と、以上4点の原因をまとめましたが、では今後どうするべきか。

ある程度の対策というか、改善は考えているのですが。

あとは、実際にいくらまでにするのかなどの、数値を検証中です。


幸い含み損も少しずつ減少していますし、様子を見ています。

また日を改めて、続きを記事にするので、もうしばらくお待ちください。



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| トライオートFX | 14:25 | コメントする:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週間報告 1月7日~1月12日

みなさん、こんばんは!

まゆです。


先週は、あまり取引がありませんでした。

とは言っても、1月3日のフラッシュクラッシュ以来、すべての仕掛けを停止しています。

今回、決済されたポジションも停止前のものなので、新規注文はありません。

今後、相場の状況が良くなり含み損が減るか、今の建玉が減って有効比率が回復するまでは、様子を見るつもりです。

それまでは、あまり参考にならないかもしれません。

しかし、リスクを抑えた手法にシフトするつもりなので、ご了承いただければ幸いです。





そして先週1月7日(月)の成績はこちら・・・


1月7日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月8日(火)の成績はこちら・・・


1月8日 日報


為替差損益:7,758円

スワップ損益:-452円

決済回数2回 勝率100%





そして先週1月9日(水)の成績はこちら・・・


1月9日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月10日(木)の成績はこちら・・・


1月10日 日報


為替差損益:0円

スワップ損益:0円

決済回数0回 勝率0%





そして先週1月11日(金)の成績はこちら・・・


1月11日 日報


為替差損益:11,482円

スワップ損益:-795円

決済回数2回 勝率100%





そして先週1月7日(月)~1月12日(土)の週間成績


1/7~1/12 週間約定照会


為替差損益:19,240円

スワップ損益:-1,247円

決済回数4回 勝率100%



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| 日報・週報 | 19:00 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

-150万円の損切ですが、後悔していません!!

みなさん、こんにちは!

まゆです。


先週は、たまたま強運で1200万円の強制ロスカットを免れた話をしました。

詳しくは、こちらの記事『これぞ僥倖!!! 1200万円を強制ロスカットされた!?』をご覧ください。
 

今回は、その続きになります。


ロスカット判定時


画像でも分かるように、ロスカット判定時、発注可能額が-300万円を超えています。

ロスカットを免れてもこの額がマイナスですと、追証(追加証拠金)が必要です。

ですが、急落のタイミングから反発に向かいつつあります。


1月3日13時の状況


5時間後の3日の13時過ぎには、


評価損益が-1248万-1067万

発注可能額が-336万-154万

有効比率が47.11%⇒から
75.56%

まで、良くなりました。


実際、追証になる際の判定のタイミングは、翌朝の6時40分です。

その時間までに、発注可能額がプラスになれば大丈夫です。

その後、今回のようにマイナスになってしまっても、判定時のみクリアしていれば問題ないのですが。


1月4日5時の状況


翌朝の4日の5時過ぎ、追証判定の1時間前の状況です。

前日のお昼の状況よりは良くなっていますが、まだ50万マイナスですね。


評価損益が-969万、発注可能額が-56万、有効比率が91.11%


仮にこの状況で、追証と判定されても、お金を入金すれば問題ないです。

ゆとりもあって、翌深夜2時までに不足分の約56万円を入金すれば間に合います。

逆に、入金額が1円でも不足していたら、全ての建玉を強制ロスカットされてしまいます。



正直悩みました。



時間があるので、56万位ならカードローンですぐ借りて入金することは可能です。

しかし、リスクは減りません。

場合によっては、-1200万よりもっと大きな損失になる可能性もあります。


自分なりの予想では、ここまで下がることはないとは思っていても、定かではありません。

折角幸運で助かったこの1200万、もう二度と同じ目には遭わせたくないです。

なので今回は、大事を取ってもう一つの方法にしました。



それは、発注可能額がプラスになるまで損切をすること。



この時点でのポジションは、705件ほどありました。

どのくらい損切れば良いのかは、正直分かりませんが、まぐれで得したお金と思えば踏ん切りも付きます。

ただ、どれを損切しようかとは迷いましたが。



結局、以下のルールにしました。

1.損益がプラスのポジション

2.スワップの含み益が含み損をカバーできているポジション

3.新規注文の時期が古いポジション



1と2の件数は少なかったので、ほとんどが3でした。

2018年以前のポジションまで100件以上、決済し終わってもまだ足りなく、最終的には2018年2月くらいまで決済しました。


1月4日6時の状況


損切前と比較すると、

評価損益が-969万-816万

発注可能額が-56万6万

有効比率が91.11%
101.10%


1月4日 約定照会



額にして、-1,553,685円


件数は、167件





今の私の懐事情からすると150万円は大金です。

決して辛くはないといえば嘘になります。

しかし、考え方を変えればどうでしょう。


そうまぐれは何度も起きないと思いますし、こうしなければ次は1200万円を失うかもしれません。

もし150万円を払えば1200万円を失わなくて済むと。

極論ですが、リスクはかなり軽減されます。


だから、今回は追証を待たずに、損切を選びました


数日後、相場が回復したら、この選択が間違いかもしれませんが、タラレバを言ったらキリがありません。

そもそも、こういう事態を招いた時点で、リスク管理が杜撰だったわけなので。


いわゆる悪い例ですね。


つまり、みなさんには反面教師として、見てもらいたいです。


少なくとも私の手法を参考にしている方がいらっしゃれば、十二分に気を付けてください。

私も、情報を公開している以上、今一度考えを改めようと思います。



今回は、小手川さんを含め大きな損失になってしまった方々は、本当にお気の毒でした。

そのことを忘れずに、明日は我が身と胸に刻みます。

これからは慢心せずに、投資のリスクを改めて肝に銘じる所存です。


最後に既に実行している方には、あまり参考にならず、申し訳ありませんでした。



もしよかったら、クリックしてもらえると、
ブログ更新の意欲が高まります!

にほんブログ村
コチラ↑(*´˘`*)↑オシテネ♪





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。


もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」


| トライオートFX | 13:52 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT