トライオートFXブログ

FXで失敗した人は、もう他にいませんか? FXは稼げないと、諦めているあなたへ。
このブログを読めば初心者でも、1日目から勝ち続けた理由がわかります。 現状に満足していないあなたも、
もし実践できるなら1日5万円は稼げるでしょう。 勝ちたいあなたは、このチャンスを素通りできますか?

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その20 【ユーロ/ポンド】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~19】に続いて、その20になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去16回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】、【ユーロ/豪ドル】、【NZドル/米ドル】、【NZドル/円】、【南ア・ランド/円】、【米ドル/スイスフラン】、【トルコリラ/円】、【豪ドル/米ドル】と公開しましたが、今回は【ユーロ/ポンド】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





17番目はユーロ/ポンド


10/28 ユーロ/ポンド仕掛け


【ユーロ/ポンド買いの場合】

種類は2種です。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は、下限は0.85位から上限は0.91位までのレンジ幅で仕掛けています。





『ユーロ/英 ̄買150p』


 10/28 ユーロ/ポンド買仕掛け150p


『ユーロ/英 ̄買150p』の場合は、利確幅を150pipsにして、注文間隔も150pips刻みで5本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.8500から0.9100です。


上記のルールで、『ユーロ/英 ̄買120p』の場合は、利確幅を120pipsにして、注文間隔も120pips刻みで6本、仕掛けています。





【ユーロ/ポンド売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けより広く、下限は0.83位から上限は0.92位までのレンジ幅で仕掛けています。





『ユーロ/英_売り60p』


10/28 ユーロ/ポンド売仕掛け60p


『ユーロ/英_売り60p』の場合は、利確幅を60pipsにして、注文間隔も60pips刻みで16本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.8320から0.9220です。
(画像ではかぎりがあるので、16本すべてを表示できていません)





そして今週10/23~10/28の成績は・・・


10/23~10/28 週間約定照会


為替差損益:94,884円

スワップ損益:26,993円

決済回数223回 勝率100%



今週は、先週と変わってドルが売られました。

今週スタート時のドル/円113.80円でしたが、終値は113.69円でした。

1週間で見れば売られていますが、金曜日は114円台半ばまで上がり、高値を更新しています。


さて、今回のユーロ/ポンドの手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

これで、すべての通貨ペアの公開が終わりました。

来月は忙しいので、土日の更新はありませんが、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 22:28 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その19 【豪ドル/米ドル】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~18】に続いて、その19になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去15回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】、【ユーロ/豪ドル】、【NZドル/米ドル】、【NZドル/円】、【南ア・ランド/円】、【米ドル/スイスフラン】、【トルコリラ/円】と公開しましたが、今回は【豪ドル/米ドル】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





16番目は豪ドル/米ドル


10/21 豪ドル/米ドル仕掛け


【豪ドル/米ドル買いの場合】

種類は1種です。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は、下限は0.76位から上限は0.80位までのレンジ幅で仕掛けています。





『豪/米 ̄買30p』


10/21 豪ドル/米ドル買仕掛け30p


『豪/米 ̄買30p』の場合は、利確幅を30pipsにして、注文間隔も30pips刻みで16本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.7600から0.8050です。
(画像ではかぎりがあるので、16本すべてを表示できていません)





【豪ドル/米ドル売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けと同じで、下限は0.76位から上限は0.80位までのレンジ幅で仕掛けています。





『豪/米_売り60p』


10/21 豪ドル/米ドル売仕掛け60p


『豪/米_売り60p』の場合は、利確幅を60pipsにして、注文間隔も60pips刻みで9本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.7600から0.8080です。





そして今週10/16~10/21の成績は・・・


10/16~10/21 週間約定照会


為替差損益:104,596円

スワップ損益:6,459円

決済回数258回 勝率100%



今週は、先週と変わってドルが買われました。

今週スタート時のドル/円111.82円でしたが、終値は113.50円でした。

113円台半ばまで上がったのは7月14日以来、約3ヶ月ぶりです。


さて、今回の豪ドル/米ドルの手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、ユーロ/ポンドを公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。



※月初にアンケートにご協力いただいた方、ありごとうございました。

『設定内容の根拠を説明してほしい。』とのことですが、はっきり言いまして大した理由はありません。

値動きによって仕掛けを変えているだけです。

また、時間があるときにでも詳しい説明を記事にしたいと思います。

あまり参考にならず、申し訳ありませんでした。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 20:09 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その18 【トルコリラ/円】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~17】に続いて、その18になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去14回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】、【ユーロ/豪ドル】、【NZドル/米ドル】、【NZドル/円】、【南ア・ランド/円】、【米ドル/スイスフラン】と公開しましたが、今回は【トルコリラ/円】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





15番目はトルコリラ/円


10/14 トルコリラ/円仕掛け


【トルコリラ/円買いの場合】

種類は4種です。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は、下限は30円位から上限は32円位までのレンジ幅で仕掛けています。





『トルコ/円 ̄買40p』


10/14 トルコリラ/円買仕掛け40p


『トルコ/円 ̄買40p』の場合は、利確幅を40pipsにして、注文間隔も40pips刻みで7本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は29.60円から32.00円です。


上記のルールで、『トルコ/円 ̄買30p』の場合は、利確幅を30pipsにして、注文間隔も30pips刻みで9本、仕掛けています。

同様に、『トルコ/円 ̄買20p』の場合は、利確幅を20pipsにして、注文間隔も20pips刻みで13本、『トルコ/円 ̄買15p』の場合は、利確幅は15pipsにして、注文間隔も15pips刻みで17本、仕掛けています。





【トルコリラ/円売りの場合】


スワップ損が大きいので仕掛けていません。

全17種の通貨ペアの中でも、一番スワップ損益が大きいので、この通貨ペアのみ唯一両建てにしていないです。





そして今週10/9~10/14の成績は・・・


10/9~10/14 週間約定照会


為替差損益:71,497円

スワップ損益:-321円

決済回数166回 勝率100%



今週は、4週間ぶりにドルが売られました。

今週スタート時のドル/円112.65円でしたが、終値は111.87円でした。

週末には、米消費者物価指数小売売上高の発表があり、一時0.4円も下がりました。


さて、今回のトルコリラ/円の手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、豪ドル/米ドルを公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 20:47 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その17 【米ドル/スイスフラン】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~16】に続いて、その17になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去13回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】、【ユーロ/豪ドル】、【NZドル/米ドル】、【NZドル/円】、【南ア・ランド/円】と公開しましたが、今回は【米ドル/スイスフラン】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





14番目は米ドル/スイスフラン


10/7 米ドル/スイスフラン仕掛け


【米ドル/スイスフラン買いの場合】

種類は1種です。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は、下限は0.95位から上限は1.00位までのレンジ幅で仕掛けています。





『米/スイス ̄買40p』


10/7 米ドル/スイスフラン買仕掛け40p


『米/スイス ̄買40p』の場合は、利確幅を40pipsにして、注文間隔も40pips刻みで13本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.9520から1.0000です。
(画像ではかぎりがあるので、13本すべてを表示できていません)





【米ドル/スイスフラン売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けと同じで、下限は0.95位から上限は1.00位までのレンジ幅で仕掛けています。





『米/スイス_売り80p』


10/7 米ドル/スイスフラン売仕掛け80p


『米/スイス_売り80p』の場合は、利確幅を80pipsにして、注文間隔も80pips刻みで6本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.9520から0.9920です。





そして今週10/2~10/7の成績は・・・


10/2~10/7 週間約定照会


為替差損益:53,373円

スワップ損益:4,367円

決済回数147回 勝率100%



今週も、先週に続きドルが買われました。

今週スタート時のドル/円112.49円でしたが、終値は112.65円でした。

週末には、米雇用統計があり一時113.43円の高値を付ける場面もあり、今週低迷していた利益も少し伸びたようです。


さて、今回の米ドル/スイスフランの手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、トルコリラ/円を公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 19:31 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その16 【南ア・ランド/円】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~15】に続いて、その16になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去12回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】、【ユーロ/豪ドル】、【NZドル/米ドル】、【NZドル/円】と公開しましたが、今回は【南ア・ランド/円】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





13番目は南ア・ランド/円


9/30 南ア・ランド/円仕掛け


【南ア・ランド/円買いの場合】

種類は3種です。

数量はすべて1万通貨(10k)になります。

注文価格はすべて、下限は8.0円位から上限は8.8円位までのレンジ幅で仕掛けています。





『南ア/円 ̄買10p』


9/30 南ア・ランド/円買仕掛け10p


『南ア/円 ̄買10p』の場合は、利確幅を10pipsにして、注文間隔も10pips刻みで9本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1万通貨(10k)で、稼働範囲は8.000円から8.800円です。


上記のルールで、『南ア/円 ̄買5p』の場合は、利確幅を半分の5pipsにして、注文間隔も半分の5pips刻みで17本、仕掛けています。

同様に、『南ア/円 ̄買15t』の場合は、利確幅は15pipsですが、注文間隔は1/3に狭めた5pips刻みで15本、仕掛けています。





【南ア・ランド/円売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1万通貨(10k)になります。

注文価格は買い仕掛けより狭く、下限は8.2円位から上限は8.8円位までのレンジ幅で仕掛けています。





『南ア/円_売り20p』


9/30 南ア・ランド/円売仕掛け20p


『南ア/円_売り20p』の場合は、利確幅を20pipsにして、注文間隔も20pips刻みで4本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1万通貨(10k)で、稼働範囲は8.200円から8.800円です。





そして今週9/25~9/30の成績は・・・


9/25~9/30 週間約定照会


為替差損益:80,372円

スワップ損益:12,208円

決済回数234回 勝率100%



今週も、先週に続きドルが買われました。

今週スタート時のドル/円112.13円でしたが、終値は112.50円でした。

水曜日には、イエレンFRB議長の発言から113円台に乗る場面もありました。

来週は米国雇用統計の発表があり、更に上がることを期待します。


さて、今回の南ア・ランド/円の手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、米ドル/スイスフランを公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 20:13 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その15 【NZドル/円】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~14】に続いて、その15になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去11回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】、【ユーロ/豪ドル】、【NZドル/米ドル】と公開しましたが、今回は【NZドル/円】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





12番目はNZドル/円


9/23 NZドル/円仕掛け


【NZドル/円買いの場合】

種類は2種です。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格はすべて、下限は79円位から上限は83円位までのレンジ幅で仕掛けています。





『NZ/円 ̄買60p』


9/23 NZドル/円買仕掛け60p


『NZ/円 ̄買60p』の場合は、利確幅を60pipsにして、注文間隔も60pips刻みで9本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は79.00円から83.80円です。


上記のルールで、『NZ/円 ̄買40p』の場合は、利確幅を40pipsにして、注文間隔も40pips刻みで12本、仕掛けています。




【NZドル/円売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けと同じで、下限は79円位から上限は83円位までのレンジ幅で仕掛けています。





『NZ/円_売り150p』


9/23 NZドル/円売仕掛け150p


『NZ/円_売り150p』の場合は、利確幅を150pipsにして、注文間隔も150pips刻みで4本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は79.00円から83.50円です。





そして今週9/18~9/23の成績は・・・


9/18~9/23 週間約定照会


為替差損益:97,463円

スワップ損益:25,144円

決済回数277回 勝率100%



今週も、先週に続きドルが買われました。

今週スタート時のドル/円111.07円でしたが、終値は112.05円でした。

21日(木)は、112円後半まで上がり、7月18日以来の高値更新です。

来週は、水爆実験の可能性を示唆した北朝鮮の動向が気になりますね。


さて、今回のNZドル/円の手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、南ア・ランド/円を公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 18:55 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その14 【NZドル/米ドル】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~13】に続いて、その14になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去10回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】、【ユーロ/豪ドル】と公開しましたが、今回は【NZドル/米ドル】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





11番目はNZドル/米ドル


9/16 NZドル/米ドル仕掛け


【NZドル/米ドル買いの場合】

種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格はすべて、下限は0.71位から上限は0.75位までのレンジ幅で仕掛けています。





『NZ/米 ̄買30p』


9/16 NZドル/米ドル買仕掛け30p


『NZ/米 ̄買30p』の場合は、利確幅を30pipsにして、注文間隔も30pips刻みで13本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.7140から0.7500です。
(画像ではかぎりがあるので、13本すべてを表示できていません)





【NZドル/米ドル売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けと同じで、下限は0.71位から上限は0.75位までのレンジ幅で仕掛けています。





『NZ/米_売り60p』


9/16 NZドル/米ドル売仕掛け60p


『NZ/米_売り60p』の場合は、利確幅を60pipsにして、注文間隔も60pips刻みで7本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は0.7140から0.7500です。





そして今週9/11~9/16の成績は・・・


9/11~9/16 週間約定照会


為替差損益:264,482円

スワップ損益:9,251円

決済回数667回 勝率100%



今週は、ドルが買われたようです。

今週スタート時のドル/円108.26円でしたが、終値は110.82円でした。

先週は約10ヶ月ぶりに107円台まで下がりましたが、今週は約1ヶ月ぶりに111円台まで上がりました。

今週末も北朝鮮の動きが気になりますね。


さて、今回のNZドル/米ドルの手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、NZドル/円を公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 18:43 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その13 【ユーロ/豪ドル】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~12】に続いて、その13になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去9回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】、【カナダドル/円】と公開しましたが、今回は【ユーロ/豪ドル】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





10番目はユーロ/豪ドル


9/9 ユーロ/豪ドル仕掛け


【ユーロ/豪ドル買いの場合】

種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格はすべて、下限は1.44位から上限は1.51位までのレンジ幅で仕掛けています。





『ユーロ/豪 ̄買80p』


9/9 ユーロ/豪ドル買仕掛け80p


『ユーロ/豪 ̄買80p』の場合は、利確幅を80pipsにして、注文間隔も80pips刻みで9本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は1.4480から1.5120です。





【ユーロ/豪ドル売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けより広く、下限は1.43位から上限は1.51位までのレンジ幅で仕掛けています。





『ユーロ/豪_売り40p』


9/9 ユーロ/豪ドル売仕掛け40p


『ユーロ/豪_売り40p』の場合は、利確幅を40pipsにして、注文間隔も40pips刻みで21本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は1.4320から1.5120です。
(画像ではかぎりがあるので、21本すべてを表示できていません)





そして今週9/4~9/9の成績は・・・


9/4~9/9 週間約定照会


為替差損益:141,554円

スワップ損益:-3,221円

決済回数444回 勝率100%



今週は、ドルが売られたようです。

今週スタート時のドル/円109.57円でしたが、終値は107.77円でした。

約10ヶ月ぶりに107円台の安値になりました。

来週、どこまで下がるのかが気になります。


さて、今回のユーロ/豪ドルの手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、NZドル/米ドルを公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 19:18 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その12 【カナダドル/円】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~11】に続いて、その12になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去8回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】、【ユーロ/ドル】と公開しましたが、今回は【カナダドル/円】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





9番目はカナダドル/円


9/2 カナダドル/円仕掛け


【カナダドル/円買いの場合】

種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格はすべて、下限は85円位から上限は90円位までのレンジ幅で仕掛けています。





『カナダ/円 ̄買40p』


9/2 カナダドル/円買仕掛け40p


『カナダ/円 ̄買40p』の場合は、利確幅を40pipsにして、注文間隔も40pips刻みで12本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は85.20円から89.60円です。
(画像ではかぎりがあるので、12本すべてを表示できていません)





【カナダドル/円売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けと同じで、下限は85円位から上限は90円位までのレンジ幅で仕掛けています。





『カナダ/円_売り80p』


9/2 カナダドル/円売仕掛け80p


『カナダ/円_売り80p』の場合は、利確幅を80pipsにして、注文間隔も80pips刻みで7本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は85.20円から90.00円です。





そして今週8/28~9/2の成績は・・・


8/28~9/2 週間約定照会


為替差損益:207,165円

スワップ損益:9,020円

決済回数572回 勝率100%



今週は、ドルが買われたようです。

今週スタート時のドル/円109.20円でしたが、終値は110.25円でした。

週末にあった米雇用統計が、来週どう影響するのかが気になります。


さて、今回のカナダドル/円の手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、ユーロ/豪ドルを公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 19:54 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運用手法(仕掛け)全公開! その11 【ユーロ/ドル】

みなさん、こんばんは!

まゆです。


本日は管理人が運用しているトライオートFXの自動売買の仕掛けについて、現在稼働させているものを公開します。

過去に公開した【運用手法(仕掛け)全公開! その1~10】に続いて、その11になります。

過去に公開した仕掛けは、【運用手法について】のカテゴリーからご覧ください。


過去7回では【ドル/円】、【ユーロ/円】、【豪ドル/円】、【スイスフラン/円】、【ポンド/円】、【ポンド/ドル】、【豪ドル/NZドル】と公開しましたが、今回は【ユーロ/ドル】について、稼働している仕掛けの詳細を説明していきます。

全17種の通貨ペアの順番は最初の3回で紹介した成績順に、週一ペースで公開していく予定です。


ただし画像を使った図解説明になりますので、トライオートFXをまだ知らない方や携帯で画像が見れない方は解りにくいかもしれません。

その際にはお手数ではありますが、コメントをいただければ補足をいたします。

それ以外でも気になる事があれば、気軽にコメントいただければ幸いです。





8番目はユーロ/ドル


8/26 ユーロ/ドル仕掛け


【ユーロ/ドル買いの場合】

種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格はすべて、下限は1.13位から上限は1.19位までのレンジ幅で仕掛けています。





『ユーロ/米 ̄買100p』


8/26 ユーロ/ドル買仕掛け100p


『ユーロ/米 ̄買100p』の場合は、利確幅を100pipsにして、注文間隔も100pips刻みで7本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は1.1300から1.1900です。





【ユーロ/ドル売りの場合】


種類は1種のみです。

数量はすべて1000通貨(1k)になります。

注文価格は買い仕掛けより広く、下限は1.10位から上限は1.19位までのレンジ幅で仕掛けています。





『ユーロ/米_売り50p』


8/26 ユーロ/ドル売仕掛け50p


『ユーロ/米_売り50p』の場合は、利確幅を50pipsにして、注文間隔も50pips刻みで19本、仕掛けています。

カウンター値新規注文額と同価格の設定です。

損切幅フォロー値は設定しません。

取引数量はすべて1000通貨(1k)で、稼働範囲は1.1000から1.1900です。
(画像ではかぎりがあるので、19本すべてを表示できていません)





そして今週8/21~8/26の成績は・・・


8/21~8/26 週間約定照会


為替差損益:147,004円

スワップ損益:2,864円

決済回数422回 勝率100%



今週は、あまりドルに動きがなかったようです。

今週スタート時のドル/円109.24円でしたが、終値は109.26円でした。

来週休場明けに、ジャクソンホール経済シンポジウムの影響が気になります。


さて、今回のユーロ/ドルの手法公開はいかがでしたか?

少しは、みなさんの参考になりましたでしょうか?

来週末は、カナダドル/円を公開する予定なので、引き続きよろしくお願いいたします。





最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

もし少しでもトライオートFXに興味をもっていただけたのなら、詳しくはこちらを見てもらえたら幸いです。




| 運用手法について | 18:35 | コメントする:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT